答えは現場にある

これはJR九州のCMです。
2011年3月12日の九州新幹線(鹿児島ルート)の全線開通にあたり作成されたもので、
「九州のみなさん全員が待ち望んでいた新幹線だから、
その全線開通はみなさんとお祝いしたい」というのがコンセプトだそうです。
だから「祝!九州」。いいですね。思いが伝わってくるCMです。

CMは3月4日から順次放映が行われていたのですが、
全線開通日前日の3月11日に東日本大震災が発生し、放映は自粛されることになりました。
しかしYouTubeでの配信は継続され、これが後々大きな反響を呼ぶことに……。

ボクもYouTubeでこの動画を見て感動しました。うるうるしました。
というか、号泣しました。
なぜだかわからないけれど、涙が止まりませんでした。
コピーライターの仕事って、文章を書くことじゃない、言葉を使って人の心を動かすことなんだ。
改めてそんなことを思った次第です。

というわけで、ちょっと時間を巻き戻して、
つまり今が2011年の春だったとして、こんな課題について考えてみましょう。

<課題>夏休みに九州新幹線に乗ろう

九州新幹線 ・九州新幹線は3月に開業したが、震災の影響もあってイマイチ目立たない。夏休みに新幹線に乗って九州を旅してもらおう。「新幹線に乗る」「九州に行く」どちらでもよい。何かを見つけてください。
・ターゲットは子供なのか、高齢者なのか、若者なのか、どれでもよい。
・基本はキャッチフレーズ勝負です。つくったキャッチフレーズが「基点」となって九州各地がそれぞれキャンペーンを組める、そんな使い勝手の良いコピーを考えてください。
・震災のあとなので、東北を忌避したり、露骨に誘致する言説は控えてください。


当時のボクがつくったコピーはというと、まぁ、どれもイマイチなものばかりです。


夢の超特急の、夢は終わらない。
それっぽいこと言ってるようで、なんだかぼやっとしてます。

ここでは夏でも「さくら」が見れます。
九州新幹線には「みずほ」「さくら」「つばめ」の3種類の列車があるのですが、……で?って感じ。

時間短縮、余暇倍、ヨカバイ。
ダジャレと方言の二重奏という、愚の骨頂。

夏だ!鹿児島だ!流しそうめんだ!
〜九州新幹線で(隠れた)鹿児島名物を体感しよう〜

んー、迷走してますね。

日本で初めて新婚旅行をした坂本龍馬は
大阪から船で鹿児島を訪れましたが、
今は九州新幹線があります。

一体何が言いたいんでしょう……?

こういったコピーが採用されることは、まずありません。
なんというか、随所にコピーライターのエゴが感じられるんですよね。

九州新幹線を、九州を、ボクは知ったつもりでいたのでしょうか?
コピーライティングの原則は、「答えは現場にある」です。
やっぱり新幹線に乗って九州に行くべきでした!福岡じゃなく鹿児島まで行くべきでした!
いや、もっと言えば、鹿児島に住むべきでした!
そこまでやらないと、いいコピーは書けないんだと思うんですよ。大げさかもしれませんが。

もしも今、もう一度、九州新幹線のコピー課題が出されたなら、

ボクは九州での住まい探しから始めることでしょう。

もし家探しをするなら、下記のようなサイトで探すことになりそうです。
新築戸建てにも憧れます!

博多
ふれんず(福岡市の賃貸・住宅・不動産情報)
気持ちのいい家協議会(福岡市の新築一戸建て・注文住宅情報)

鳥栖
スマイティ(鳥栖市の住宅・不動産情報)
OCN不動産・賃貸(鳥栖市の賃貸・住宅・不動産情報)

久留米
サンキューホーム(久留米市の新築一戸建て・注文住宅情報)
大英産業株式会社(久留米市の新築一戸建て情報)

熊本
株式会社マエムラ(熊本市の新築一戸建て情報)
アラセンハウス(熊本市の新築一戸建て情報)

鹿児島中央
SUUMO(鹿児島市の住宅・不動産情報)
南日本ハウス(鹿児島市の土地情報)

なんなら家だって建てちゃいます!九州はいい所なので!。
ま、冗談ですけどね。
ちょっと変なテンションになってしまったので、優秀なコピー事例を紹介して、このページは締めたいと思います。解説は加えませんが、一つひとつの作品に現場感を感じてもらえればと思います。


【第10位】
見たことのない景色ができました。

【第9位】
はしっこが元気な国は、いい国だ。

【第8位】
お父さんの大仕事

【第7位】
新幹線 日本が誇る 文化です(字余り)

【第6位】
九州の準備はできています。

【第5位】
パパからのプレゼントです。

【第4位】
つばめは楽しい場所を探して旅をします。

【第3位】
たいしておもしろくなかった九州修学旅行を、今やり直す。

【第2位】
じいちゃん、ばあちゃんからの小遣いは九州新幹線のチケットになった。

【第1位】
九州は、博多から先がおもしろい。